カテゴリ:おりおり( 46 )

雨の中に咲く

ゴールデンウィーク、最後の日。
朝から、雨が降ってます。

洗われた緑、滴をつけた花、カメラをむけた。
f0070802_1916288.jpg
家々のモッコウバラは、薄黄色が賑やかに咲いているが、我が家のこれは白い花。
小さな花は、楚々と黄緑の葉に隠れるように咲いている。


f0070802_19182388.jpg
このツツジは、姑の植えたもの。
何度か植え直され、やっと元気を取り戻した感じです。


f0070802_19195164.jpg
もちろん、こっちの白い方も、そうです。


f0070802_19203337.jpg
都忘れの花も、雨の中鮮やかに咲いています。
薄紫の花びらが、雨に濡れてきれいです。



ついでに、昨日写したものを2枚。
これは、ねえちゃんがぼんの為にと、50本の白と薄ピンクのバラをあげてくれました。
自分のお金で、してあげたいと。(かあちゃんが用意するからいいと言ったのです)

「供養って、自分がやってあげたいことをやることって言ったよね・・・。」
そうだね、自分でしてあげたいことをやって、自分の気持ちを整理することだよね。

f0070802_19262152.jpg
おしゃまな、かんなと・・・。


f0070802_1926507.jpg
こうして、ぼんの傍にいてくれる、りゅうたんと・・・・。


きょうは、お花のオンパレードでした。
さあ、明日からいつもどおりの生活に戻ろう、気合を入れて。
[PR]
by kkarakkaze | 2007-05-06 19:29 | おりおり

咲きましたけど?

先日から、初夏の陽気ですって。

まったく、身体の調子が狂っちゃうようです、また、喉痛いし。

「わっと いず じす?」

f0070802_014506.jpgこれ、何だと思います?

これはですね~・・・・えーっと、

チューリップ なんですよっ!

ん~なこたぁない!って、言いたくなりまでしょ?
f0070802_0181134.jpg
ごもっとも、私だってですもの。

たしか、チューリップって

こんなふうな花でしたよねえ。

花の下が長くてこそ、チューリップです、絵は、イマイチですが。

去年の秋、このプランターには、球根を入れたときには、春に八重の豪華なチューリップが

咲き誇ると、、、。

今年の春は、チューリップに賭けたのにっ!(おおげさ)

それがそれが、この暖冬のせいで!

そうよ、暖冬のせいで、チューリップが冬のうちに顔だしちゃったのよ。(涙)

本来なら、
f0070802_031029.jpg
こんな姿なのよね、チューリップ。

これは、塀の陰のおかげで、顔出しが遅れたグループ、君達に期待をしよう!


f0070802_0461478.jpg
こちらは、牡丹。

去年と(4/8)比べると、2週間はやいです。

我が家の庭が、もう少しで賑やかになります。

草と虫を相手に・・・・開幕戦は今週末でしょうか、期待と不安で胸ドキドキです。。。。。。。。
[PR]
by kkarakkaze | 2007-03-29 00:53 | おりおり

彼岸間近です

このところ、すっかり冬にもどったように、風が冷たいです。

f0070802_2144918.jpgおひさしぶりでした、おばあちゃん。

今日は、ねえちゃんと二人です。

「あさがき」なんか持っちゃって、

草取りのいでたちですよ。

彼岸時は、ここは車の渋滞で散々ですからね、ちょっと一足さきにきたんです。

ねえちゃんが、外貨を稼ぎに毎日留守なもんで、此処へ来るのがとんと少なくなりました。

まあ、喜ばしいことでしょうかねぇ?

で、今日はかあちゃんが休暇をとって、ねえちゃんのお休みと合わせたわけです。

いろいろ、お願い事がありまして、お線香も上等なのにしましたよ。

ぢつわ、わたしの身のまわり、なんだかザワザワと何かが起きているようです。

そちらからは、わかっていましたか?

仕方ありませんか・・・、こちらの世は、こういうものでしょうかね。

見守っていてくださいね、それなりにやっていけるよう。

f0070802_21115930.jpg可愛い水仙が、また今年も咲いてくれたんですね。

お礼をいっておきましたよ。

ばあちゃんも知っている彼が、球根入れてくれたんだってさ、よかったね。

律儀に、こうして毎年彼岸に合わせて、花を咲かせてくれるんだね。

ああ、もう風が冷たくて、ながくはいられないよ。

また、暖かくなったら来るからね、、、、姉ちゃん兄ちゃんを守っていてね。

f0070802_2115434.jpg
早咲きのさくら、この寒さにふるえているようでした。

今日は3月15日、もう春はそこです。
[PR]
by kkarakkaze | 2007-03-15 21:31 | おりおり

春を待って

薄曇の中、ひさびさに庭の植木鉢を整理しました。

冬の間、咲いていてくれたパンジーも、勢いをましたようにみえます。

f0070802_16301185.jpg

空っ風にさらされて、飛び交う枯葉に埋もれちゃったりしていましたが、寒さ避けに丁度いい?

なんて自分に言い聞かせて、見てみぬ振りしてきました。

やっとこさ、腰あげたかあちゃん、これで少しは清々したかな。

f0070802_16395439.jpg「乙女椿」も、こうして咲き始めていました。

去年は、四月に登場してましたね。

さすが、今年は早いです。

木のてっぺんまで、いっぱい蕾つけて、咲いてますよ~~、賑やかに。

この花は、薄ピンクですが、弱々しいイメージではありません。

可憐でいて、逞しい、そんな感じがします。

f0070802_16421389.jpgそして、こっちは、「スノーフレーク」です。

もういくつか咲き出しました。

この楚々とした、姿に似合わず強い花です、大好きな花です。

で、で、で、この手前が、チューリップなんです。(早すぎっ!)

此処以外3個のプランター、みんな元気に、こんにちわっ!です。

まったくねぇ....いっぺんにドカーンと咲いちゃうんだろうね、人の気も知らないで。

我が家の庭は、もう春を待つ、、、、春をせかせるように、あちこちに芽がでてきています。

いいわさ、いいわさ、元気がでるわさ、みんなみんな元気がでるわさ。


ぢつわ、さっき、ばあちゃんのところへいってきたのです。

こっちも、元気が出てきたようです。

まだ少しですが、お口から重湯を飲ませてもらったようですわ。

元気になれば、ジッとしちゃおれません。(汗)

いいのか、わるいのか、悩むところですが、仕方ありません。

病院から、早く追い出される日を、待ちましょう。
[PR]
by kkarakkaze | 2007-03-10 17:05 | おりおり

収穫あり♪

いつミカン狩りをしましょうか・・・と。

鮮やかに色付いたミカンの木を見るたびに思っていたが、もう、今日しかない。

午前中に家事をすませ、向こうのうちへ。


f0070802_1933589.jpg


午後になると、お日様が雲にかくされてしまい、当てが外れて寒い外仕事。


もう12月だもの、枯れ木も枯れ葉も、きれいに片付けなくっちゃ、でも、さぶい。


f0070802_19371161.jpg


ミカンの実を採りはじめてみると、そこかしこに、

鳥が啄ばんだ後がある。


今年のみかんは、甘いらしいね。

鳥の食べやすい枝の実は、残しておきましょう。

ここは日当たりがいいし、人間もいないし、恰好の餌場になるだろう。

ジャム作りを、2回程できたらいいわ、後は君達のもので。

そして、そして、うれしい収穫があった。


f0070802_19421314.jpg


すごい!にんじんですよ~!

本物のにんじんだわ!

中、小サマザマ、いいんですよ、大きさなんて。



にんじん色のにんじんだわ。

今夜は、で~~んと、サラダのてっぺんに鎮座させましょう。(アンタが主役!)

なんだか、ルンルンの気持ちになって、ジャム作りも鼻歌がでちゃいました。


f0070802_19455618.jpg


一応、みかんのジャムも作りました。

明日から、ヨーグルトと一緒にいただきましょう。


まだまだ、みかんは残っています、結構たいへん。

ああああ・・・・もう一回くらい、出来るか?根性あるか?
[PR]
by kkarakkaze | 2006-12-10 19:55 | おりおり

秋色に誘われて

あちらの山こちらの里から、色鮮やかな紅葉の便りが届いています。

もう11月もおしまい。

f0070802_23213872.jpg昼休み、家に戻る途中、

鳥居の向こうに真っ赤な葉を

風に降らせている桜の枝が見えた。

今日はとうちゃんが居ない。

簡単に昼食を済ませ、ぶらり

神社の秋景色を楽しむことにしよう!


ぷらりぷらり、わずかな風に舞って落ちる葉を受けながら、神社をひとまわりしてきます。

f0070802_23304918.jpg
誰も居ない神社、足音響かせて階段に向かいます。


f0070802_23332678.jpg
階段に両脇にあるケヤキから黄色い葉が降っています。


f0070802_2337011.jpg
秋のお祭りには来られませんでした。

心ばかりの、お賽銭を・・・、で、家族中のお願い事をずうずうしく。


f0070802_23394245.jpg
時計回りで、社を一回りしましょう。

南側、日が当たって色鮮やかに撮れました。


f0070802_23431799.jpg
社の裏、裏神様は、西になります。


f0070802_23445776.jpg
北側、逆光でこんなになっちゃいました。

子供の頃、学校帰りに遊んだこの場所は、もっと暗く、秘密めいてちょっと怖い感じがしたものです。


f0070802_2351556.jpg
ぐるり一回り、この紅葉はまだ、酔っ払いのおとうさんのほっぺみたいだわ。



さぁ、帰り道は、木漏れ日の射す北側の脇道をおりましょう。

f0070802_23541676.jpg
おぼえている?忘れっこないよね。

この道は、おばあちゃんが山(住宅のこと)から下りて来る道。

神社をぬけると小さな駅、いつも、おばあちゃんが駅まで通った道です。

何年も、この景色をみていたのですよ。


f0070802_23574583.jpg
まっかなもみじ、この下を、袋をちょこんと肩にかけて歩く母。

人っ子ひとりいないこの道で、ちょっと胸がつまり、今、思い出し書きして涙。

ええい、人はいつか別れるのだ!

しかし、この散策も湿っぽいだけじゃおわらない。

グッスングッスンとしながら、下までおりると、賑やかな人の声が・・・。

後ろ姿見ると、どうやらお宮参りの一団らしい。

最後の一枚、このおめでたさを頂きたいと、後姿ならよかんべかとカメラをむけた。

f0070802_07395.jpg
突然、被写体が近づいてくる!

「まずい、おこられるのか?」と、一瞬ビクつく私。

「お~い!○○ちゃん(わたちの御幼少の呼び名)じゃない~!」と、手を振り上げるお方。

まあ、びっくり! 「死んだはずだよお富さん~♪じゃないの~!!。」

地元ですから、あっちもこっちも知った顔だらけで、びっくりすることもありませんけど。

彼女の「内孫さん」のお宮参りだったそうで......おめでとうござんした、お、おばあちゃま。

本日、りっぱな跡取りさんの、お宮参り記念日、ハイしっかり書き残しておきましたよ、ついでだけど。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-11-30 00:20 | おりおり

10月最後の日曜日

夜半から音をたてて降っていた雨が、カラリとあがって快晴。

10月29日、10月最後の日曜日、今日は朝から予定びっしり。

f0070802_20212158.jpgかあちゃんのお家に来ています。

一週間ぶりに庭のお片づけ、畑野菜の手入れ。

小さな青い芋虫を数匹やっつけた、聖護院大根はこのとおり。

青い芋虫、黒い芋虫の攻撃を受けながらもなんとか頑張って成長中。

先週の日曜日に、「さやえんどう」と「万能ネギ」の種蒔いたのですが、数日気温が低く、

20度前後で発芽とある説明書に、心配していました。

f0070802_20305522.jpgが!出ていました。

ちいさな緑の芽が、ホラ、このとおり。

あそこも、ここも、、、と、芽をだしてくれました。

万能ネギはまだですが、さやえんどうは無事頭をだしてくれたのです。

春まで、スクスクと育ってね。

f0070802_2034491.jpgこれは人参です。

鮮やかな黄緑色の葉。

この葉には、虫はつかない。

ハーブと同じ、匂いが強いからでしょうか?

葉っぱが細くて、芋虫も掴まれないからな。

それにしても、今日の庭は爽やか。



f0070802_2037397.jpg
みかんも色づいてきた。

酸っぱいみかんだけれど、寒くなるまでお日様を浴びさせて、今年もジャムをつくろうね。

午前中、枯れ草などを坪山から掻き出し、牡丹の木を剪定する。


今年はあまりにハギ虫(イラガの幼虫)に付かれたので、おもいっきり枝を落とした。

ゴミ袋3つになるほどでしたから、終わってみれば元の三分の一程、さっぱりしちゃいました。

腕が痛い、が、午後からは自宅に戻って、家の庭もやらなくっちゃなのでもうひとふん張り。

「かえろうよーーってばぁ!!」
f0070802_2044283.jpg
あらら、玄関に戻ったら、りゅうたんに怒られた。

ごめんごめん、そうだよね、お家にかえりたいよね~。

さっ、かあちゃんも余力を残して、お家に帰らなくっちゃだわ。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-10-30 20:47 | おりおり

収穫祭♪

秋!!秋分の日

f0070802_21552899.jpg
久しぶりに野菜の手入れをする。

ようやく蚊がいなくなったようなので、農作業日和です。

楽しませてくれたピーマンも

幹ばかりが太り、花も咲かなくなったので、

ご苦労様でしたと、片付けました。 


ピーマン三本を抜いたあとに、新しい土を入れ直し、そこに冬にむけて「聖護院大根」の種をまいた。
f0070802_2251098.jpg
「ラディッシュ」の向こう、この狭さですから、大根の大きさを考えると・・・。

丸大根、これはおでんに美味しいとあったので、パラパラと5箇所くらいに種を蒔きました。

と、いうことは、もしうまく生育してくれたなら、5個丸大根が収穫できるということです。(希少価値だね) 


f0070802_22163647.jpgラディッシュと一緒に蒔いたにんじんも、芽がのびて葉っぱがニンジンらしくなってきました。

この葉っぱにはアオムシがつきませんね。

細くてのぼれないから?ニンジン臭くていやなのかしら。 

ま、どっちにしても、虫がつかないのはうれしいです。

ラディッシュには今日も、アオムシとクロムシ(アオムシの黒いの)がニョロニョロついていて、

冷や汗かきながら、やっつけたんですもの。(母は強し!)

秋の西日を浴びて、葉っぱは誰かに齧られているが、しっかり実をつけているキュウリ。
f0070802_22194925.jpg

さらには、そのまま食べたら不味が、ジャムに変身させたら、絶品となるみかんは鈴なり。 

f0070802_22203571.jpg


   秋の実り♪

   うれしいですね。 


さて、本日の農作業(おおげさです)の、主役の登場です。

まさか、まさか、このようにここにお目見え出来る様になるとは思えませんでした。

アオムシ、アオムシ・・・で、葉っぱが穴だらけ、茎だけになっちゃって涙つるした代物。

それが!ジャジャ~~~ン!
f0070802_22284566.jpg

こんな、可愛らしいく成長してくれました。

多少難アリ品ではありますが、あの苦難の道を乗り越えての成長。

拍手でお皿に迎えた次第です。

3個の収穫ですっ!たった3個?いいえ、3個もです。

今日は秋の収穫祭をとり行って、大地の恵みに感謝しつつ、いただくことにいたしませう。

なお、本日の作業にあたり、オデコに3箇所も蚊にさされちまったかあちゃん。

いいかげんにして欲しい、蚊の奴!!大嫌いだ卑怯もの!
[PR]
by kkarakkaze | 2006-09-24 22:41 | おりおり

雲を眺めて遠回り

台風13号は、九州に爪あとを残し、日本海を走り今頃北海道へ。

雲が大胆に流れて、数分もおかず模様をかえていく。

午後、とおく浅間山のてっぺんは、雲にかくれて。
f0070802_014040.jpg


山の向こうは山梨方面、ダイナミックで渋い模様でせまってくる。
f0070802_0171526.jpg


仕事の帰り道もう5時半をまわってるが、今日は虹のかけらを見つけて遠回り。
f0070802_0205365.jpg


今立っている道は、子どもの時の通学路。
東の虹の残る空の反対、西の空には夕焼け・・・・。
f0070802_0235480.jpg


ここから我が家に向かって、さぁかえろう。
お寺の横の道まできたら、小学校がみえてきて、雲がふしぎな模様。
f0070802_0251484.jpg


歩き始めて数分しかたたないのに、西の雲の色は濃さを増していく。
f0070802_0305227.jpg


学校が近づいてきたところで、同じように写してみたけれど・・・、さっきとはもう違う。
f0070802_035615.jpg


最後は、我が家の方向をむいて、、、日の落ちるのがものすごく早い。
f0070802_0393471.jpg

学校前の道まで出たら、我が家はもうすぐそこ、暗くならないうちに急がなくっちゃ。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-09-20 00:53 | おりおり

久しぶりに庭で

朝から、近くの小学校の校庭で運動会。

町内運動会と一緒に開催だそうで、とうちゃんは防犯パトロールだって。

そんなことより、庭のお手入れ手伝って欲しいのにねぇ。

「いやぁ~、そうもいかないんだよ、弁当も出るし、夕方までかかちゃうよ。」

と、心なしか浮き浮きそうにみえるのは、かあちゃんのひがみか?

暑い夏には、蚊の猛攻、続いてビシャビシャとやまない長雨。

プランターの花達もだれきって、伸び放題。

枯れかかった朝顔のツルなんか、どこまでのびちゃったのか・・・、みるも無残な姿。

見て見ぬふり決め込んでいたけれど、もうダメだ、我慢の限界です。←不精の誤り

f0070802_2352297.jpgで、これは防水スプレーをかけられ干されている、ねえちゃんのブーツとかあちゃんの靴を一緒に、まだ咲いている花を撮りました。

これらわずかな鉢を残して、あとはみーんな撤去。

バリバリと、片っ端から整理してしまおうと、根元から抜いていると、目の前にあらわれたのは。

お、おっそろしくデカイ芋虫?!ゆうに6~7センチはあろうか!!(角のあるぶきみなイモ虫)

デジカメに収めたけれど、さっき画面の恐ろしさに慌てて削除し、アップは無理だわ。

あぁ、今思い出しても、ゾッとするでかい虫、、、叫び声もでませんでした。

息をのむとは、まさに、このことです。

その他にも、持ち上げた鉢から姿を表すナメクジの団体、ダンゴロ虫、アリの大群・・・・いっぱい、いっぱい。

凹みました、ほんとに凹みました、今日は。

冷や汗を背中に流しながら、それら敵に、へっぴり腰で薬をかけたり、遠くの草むらにほうりなげたり、悪戦苦闘は続きました。

やっとのこと、どうにか形がついてきたときは、もうシャツは汗でびっしょり。

ニワカガーディナー、今回はさすがに参りました。

土の入れ替え労働はいといませんが、綺麗な花をこの手で守るということは、

なんと大変なことなのでしょう。

葉っぱや根をたべる虫たちの多いこと、不気味なこと、それらの執拗なこと、

笑顔でお庭を綺麗にしている、偉大な本物ガーディナーさんたちを、改めて尊敬いたします。

f0070802_0231499.jpg「ああ、わたしゃ、ダメだわ。」

独り言でぼやきつつ、遅咲きのオシロイバナをパチリ。

いままで雨ばっかりで、花びらをこんな風にひらけなかったんだね。

ちょっと小雨の中、かあちゃんのぼやきガーデニングをみていてくれてる、白い可愛い花。

葉っぱの後ろ、虫いないだろうねぇ。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-09-17 00:51 | おりおり