カテゴリ:おでかけ( 17 )

かあちゃん富士へいく!最終日30日(2)

午後の部は、手短に。

心配された決勝、、、、、、目の前に出てきました出てきました、ワンサカと!!(喜)
テレビカメラを担いだ団体が右往左往、アラ、あれは木村君じゃないのっ!細いぃぃぃぃー。

f0070802_20485289.jpg

やはり、人だかりが半端じゃないです、マクラーレンにフェラーリは。
この寒空雨の中、お嬢様方は、ピンクのスカートで、おやげないほどでした、お節介ですが。

f0070802_2052485.jpgおおお、おぢいさん!
この方白髪のおぢちゃんこそ!

F1界の最高権威者。

偉いお人なんですってよ、奥さん。

あ、ちっちゃい方のおひとです、
背中むけてる。

って、興奮して言ってもしょうがないんですけれど、いつも雑誌なんかでしか見ないもんで。
生ですがね、生。 


いよいよ、はじまるんだレースが!・・・・、そんな実感がわいてきました、降りしきる雨の中。

かあちゃん達の目の前は、9番10番グリットでした。

f0070802_2182312.jpg

BMWバウザーのクビサさん、目の前でマシーンに乗り込むところです。
ヘルメットをつけて・・・・、見ている側も、緊張してきます。

と、と、と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0070802_21115353.jpg



ス、スタート?!
あ、ランプが青ジャン!

以後、レース観戦夢中の為、
写真なし!


雨が降っているから?場内アナウンスがぜーーんぜん聞こえません。
一周のフォーメーションラップだよね、ね、ね???なーんて言ってると、また、
セーフティーカーは、スピードを上げたまま、また、コース場を走っているじゃないの!?

どーゆぅこと???なんて言ってる間に、やっとこ、もうこのままでレースが始まっている
ことが分ったと言う次第です。

レースの内容は、ニュースのとおりですから改めてはかきませんが、
二、三週目に、キミちゃんがピットに戻ったとき、「あぁぁぁ・・・。」と、ねえちゃんの悲鳴が・・・。
さらに、アロンソ君のリタイアが正面テレビに映し出されたときは、会場全体にため息が。

この雨の中、ドライバー達の悲鳴のような水しぶき。
あちらこちらで、接触があったらしいですが、怪我人もでなくてよかったです。
どしゃぶりの雨の中、がんばってくれました、ありがとうです。

半年前から、ずっと楽しみにしていた、今年のF1日本グランプリはおわりました。

f0070802_21244911.jpg大雨の中、この富士スピードウェイでは、色々なアクシデントがあり、大勢の人達が巻き込まれたのだそうです。

そんなことを、帰りのバスの中で、兄ちゃんからのメールで知った呑気なかあちゃん。
「大変らしいけど、大丈夫だったのか?」
の返事は、「隣でねえちゃん、爆睡なり」でした。

ツアー参加だったのと、自分達だけのことで精一杯でしたので、今回の混乱には
まーーったく気付かないわたくしたちでごじゃりました。
[PR]
by kkarakkaze | 2007-10-08 21:37 | おでかけ

かあちゃん富士へいく!最終日30日(1)

外も白々明ける頃・・・・。
雨! 雨!  降っております、シトシトと!!!(涙)

昨日と違い、迎えのバスに乗り込む時間になっても、シトシトシト。
「ざんねんですねっ!!」と、この早朝からにこやかな笑顔は、田中康夫氏似の添乗員。
「だまれっ!」とは、かあちゃんの声にならぬ声。

f0070802_19442697.jpg


7時ちょっと過ぎに、駐車場に着いた最終日。 

霧の下、向かうレース場は遠くなのよ。

* ねえちゃんをさがせ!!


まだガラリと空いていましたが、この一時間後からは、すごいことになっていたなんて・・・。
呑気なかあちゃんは、「早すぎるんじゃねっ?!」なんて、悪態をついておりました。

だってさぁ、雨が降ってるんだもの。
今回、良くやったなぁと思えた最大の功績。
f0070802_19481878.jpgこれです!→

靴に防水スプレーです。
ビッショビショになるほど、かあちゃんはこれでもかと、吹きかけました。

雨が靴に浸み込まずにすんだのは、本当に幸いのことでした。

今日は午前中コース場では、色々なセレモニーが予定され、決勝は午後からです。
レース場に入ると、混雑も予想されますので、暫く下で時間をすごしました。

これは?スーパーアグリのブースの横。

f0070802_19542190.jpg



浜ちゃん地蔵の前に列

スペインGP、浜ちゃんが地蔵をもって応援にかけ、アグリチーム初ポイントを獲得

どうなんでしょ、人が並んで、挙句お賽銭なんかあげちゃってるんですよっ!
って、怒ることもないんですけどね、写真撮ってるかあちゃんもかあちゃんですし。

人だかりを掻き分け(朝の7時だってのに)、われらふたり、朝食をいただく。
そのあと、ぞろぞろと人波について、ゲートに向かいました。

今日はその場で、食料を買い込んでマイバックに詰め込み、余り雨の中を歩き回らないよう
充分な用意をしていこうと決めました。
雨足は強くなってきたのです。

f0070802_20173725.jpg

 8:20

「マクラーレン」のピット前
アロンソが車を乗り入れてきた。

生アロンソだぞ!!


午後からレースなのですが、この時間から雨の中車を入れ、ピットで整備しはじめています。
画面が白っぽいくなるほど、雨は容赦なく降り続いています。

もう1チーム、これは「レッド ブル」のピット前です。

f0070802_20235625.jpg


レース中の、
ピットインの

練習に余念が無い。


レッドブルが8番グリックからのスタート(ポイント圏内)です。←これはとても重要なこと。
ピットクルーもタイヤ交換、給油等のピット時のタイミングを確認しあっていたのでしょう。
何度も何度も、こうして車を押して、飛び込んでくる練習をしていました。
まだ、9時前のことでした。

この後、他種車のレース決勝が雨の中行われ、スールスルと滑っている模様・・・。

午後の決勝は行われるのでしょうか・・・心配しつつ、雨がっぱをばっちり点検し、
テルテル坊主と化した、若いのとそうでないのとの二人組みは、自分達の席に向かいました。
                      
                                 午後へとつづく
[PR]
by kkarakkaze | 2007-10-08 20:41 | おでかけ

かあちゃん富士へいく!29日(2)

お昼ごはんは、なににする?

f0070802_17525982.jpgここは、きっと今回、最大の繁盛店だと思います。

ラーメン屋さんです。
もうすごいすごい、長蛇の列。

かあちゃんとねえちゃんは、手分けして其々食べ物をゲットすべしと、別れました。

この列をみて、すぐに諦めたかあちゃんです。

比較的、人のいないところで「神技弁当」をゲット。

と、そこへ、ねえちゃんから携帯メール。
「キムタクをみたよ~~~。」だと。 フン!ミーハーめ!

それよか、どうなんでしょねぇ、午後の予選は。
f0070802_1805034.jpg
霧は?こんなですよ、まだ。
それにしても、外人のおぢちゃん、寒くないですか?!

タフですねぇ、フライドチキンなんか齧っちゃってます。
それにしても、寒そうなのに、お元気。

おぢちゃんじゃなくて、お兄ちゃんだったかもね。

f0070802_1844043.jpg席に人少ない?

予選が近づいたので、わんさか集まってきましたよ。
どこにいたのか・・・、湧いてきました。

弁当を持って席で待ってると、ねえちゃんは「牛串」を持って戻ってきました。
「ささ、食べよう~、食べよう~、腹が減っては戦は出来ぬ!」

口いっぱいに、牛串をほおばっていると・・・。
あたりが少し明るくなってきたではありませんか!!!!びっくり!(半分諦めていた)

「予選ができるねっ~~~~~~♪♪♪」

f0070802_18104453.jpg
スタートランプが に!

バババーーンと、トヨタのトゥルーリィが飛び込んでいきました。
「いくんだあーーーっ!」

僅か一時間、予選のこの時間だけ、霧が少し晴れてくれたのでした。


最後のアタックで、ハミルトンがポールポジションを取ったとアナウンスが流れたとき、
どよめきが・・・・、それぞれの応援するドライバー、チームによって、歓喜であったり
落胆であったりですから。

興奮冷めやらずのうちに、混みあいますから早めにバスに戻ることにしました。

f0070802_1820222.jpgレース場を後にして、ツアーバス専用駐車場に向かう途中に、こうしたビレッジがあります。

昨日は、ここで「こんにゃく玉」食べてからバスにもどったのですが、今日はやめときます。

人出が、昨日も倍以上のようですから・・・。

この日、他の駐車場ででアクシデントが起こり、ドえらいことになっていたことを、
かあちゃんもねえちゃんも知らないのであった。
[PR]
by kkarakkaze | 2007-10-06 18:33 | おでかけ

かあちゃん富士へいく!29日(1)

明け方、外に雨の音が・・・・。
「う、うっそーー!」

夕べ宿のおかみさん、言ったじゃないの。
「こうして夕方富士が見えるときは、次の日は晴れなんですよ。」ってさ。
あーーぁ、ハズレちゃったよ、降ってるよ。。。

朝6時、ツアーバスが迎えに来たときには、止んでいましたが・・・また降る、間違いない。

しかし!天気は愚痴るまい、レッツゴー、朝もはよからレース場へと一直線。
到着!しっかり雨がっぱを着込み、それじゃ、集合時間5時までさらばと、バスを後にする。

ねえちゃん、わしら、まずは、腹ごしらえでしょ?!

f0070802_16464934.jpg
かあちゃんビーフカレー、ねえちゃんはロコモコ丼

朝から、すごいボリュームでしょ?

いいのいいの、だって寒いくらいですから。
コーヒーすすりながら、「今日の予定」を確認しあうふたり。

買い物は済ませてあるから、今日はほとんど、レース場ですごすことにしてありました。

が!!姉ちゃんには密かな目論見が・・・。
「おかあさんは、このヘンをウロウロしていてね、席で集合ね。」
まだ、口をモゴモゴ言わせながら、ねえちゃんは一人、人波にのまれていきました。

うん、この辺にいるから、フリー走行までにはもどってね~・・・などいいつつ、一人ぼっち。

まずは、レース場へ入ろう!
f0070802_16584236.jpg
ガァーーン!! 霧だ!
まっちろけであります。

できるのかしら?!レースできるのかしら?
フリー走行までに、霧は晴れるかしら。

いえ、午後の予選が出来るかしらあ!

とおく、電光掲示板も霧に隠れて、薄っすらとしかみえません。
中止になっちゃうかも???

その時、ババババッーーーーーと、勇ましい音をたてて

f0070802_1745785.jpg

ペースカーが2台走り出していきました。
路面の水溜りぐあい、コース場の霧のぐあいを、調べるのです。

頼もしいですね、これをきっかけに、各チームピットにざわざわと人がでてきました。
ん?走れるのかな?

携帯が鳴る、ねえちゃんだ。
「いまね!!!いま、ハミルトンがいた!!みたよ~~。」
あれまぁ、ドライバーに会えるかも・・と、そこいらへんをウロチョロしていたのでしょう。

かあちゃんはレース場で、ネタ探し。

f0070802_17173364.jpg

「走れるんかなぁ~、
  となりんちは、
  タイヤなにつけるんだろう・・・?」(想像)

ウィリアムズのロズベルグと、ブルツが、隣のレッドブルのピットを窺ってます。



ねえちゃんが席に戻った頃、霧のために遅れに遅れた午前中のフリー走行が始まりました。
雨足も少しつよくなてきて、走る車は、ものすごい水しぶきをあげていきます。

f0070802_17291494.jpg
22人のドライバーは、午後の予選、明日の決勝、こんなコンディションの中で走る場合に備えて、大変でも試走しておかなくてはなりません。

スーパーアグリの佐藤琢磨さんのマシーンが、水しぶきを上げています。
この後すぐ、フリー走行中止の合図。

霧がますます濃くなってきて、これ以上は危険。。。。
中止、これはヘリコプターが飛べない判定されると中止となるのだそうです。
事故の場合、ヘリが飛ばせないと・・・、とは、現実的で危険が隣り合わせと、実感しますね。

人が居ない?霧と雨だから?

f0070802_1746225.jpgぞろぞろ居るんですよ。
ここはS席の下の通路、ここから、かあちゃん達のA席は下へ降りていきます。
そこは、人でごったがえしております、こんな天気ですから。


時はお昼メシ時、午後の2時からの予選はどうなることでしょう・・・。
[PR]
by kkarakkaze | 2007-10-06 17:48 | おでかけ

かあちゃん富士へいく!28日(2)

さあ、レース場の方からエンジン音が聞こえてくる。
フリー走行の始まる時間になった、急がなくっちゃ!!

チケットの番号を確認しながら・・・、

f0070802_2131619.jpgここがかあちゃん達の席。
ねえちゃんに座ってもらいます。

前から2列目、視界はこんな感じです。
ピットからのエンジン音は、近いですから相当なものです。

慣れるまで、耳栓が活躍です。
各チーム、フリー走行を始めています。


フリー走行の場合、テストドライバーが走らせる、どっちかというと、弱いチームが
データーを取るために走らせる、、、、そんな感じらしいのですが、今年は違います。

f0070802_2138653.jpgほら、フェラーリーも、ライコネンが走っています。

富士スピードウェイは、今回初めて走るドライバーがほとんどですから、データー集めはもちろん、
コース上をドライバー自ら試走しておかなくてはなりません。

ですから、今年のフリー走行はとても楽しみでした。

キィーン キィーン ババババーと耳をつんづく爆音が、まだ人出の少ないスタンドに
響き渡っていました。

11チームそれぞれ2台、22台のF1カーが目の前を、バビューーンと走り抜けていきます。
速い!

ライコネンが!アロンソが!ハミルトンが!ああ、琢磨が!!!!と、なんでわかるか?!
f0070802_2154820.jpg
f0070802_21542378.jpg


姉ちゃんの写した、上の2台の車のテッペンを見比べて、
赤はチームのトップドライバー(このマクラーレンでは、アロンソ)
黄色がセカンドドライバー(マクラーレンでは、ハミルトン)
   (注)姉ちゃんは、カメラを動かしてシャッターをきるので、車がくっきりと写る。

ちなみに、上のボケちゃった赤いのはフェラーリー、ちょっと黄色がみえるでしょう。
ライコネンの色なんですよ。
   (注)かあちゃんは構えてるので、うしろの文字がくっきり、なんでだーー!

てなわけで、チームカラーは猛スピードでも遠くから見えるから判別できて、さらに、
赤と黄色は見分けやすいから、誰の車かすぐにわかるのですよ・・・。
わかった?姉ちゃん。←(めしばんの姉様へ)

こんな中、昼ごはんはちゃっかり買い込んで、姉ちゃんとふたり、クイックイッと首をまわしつつ
爆音のなかでいただきました。
だって、午後ももう一回あるんだもの、試走が。

f0070802_2273753.jpg
これは、トヨタチームのピット。

豆粒のようだけど、たぶん姉ちゃんが写したんだわ。
セカンドドライバーのトゥルーリーが大好きなんだってさ、今年はライコネンを応援してるけど。
かあちゃんのデジカメ、トヨタのピットだらけだったよ、豆粒みたいなのに。

楽しい時間は、アッという間にすぎちゃう。
さぁ、もう帰りの時間になってきちゃいました。

f0070802_22151671.jpg太陽も西にかたむき、
人影を伸ばしてきました。

写真の左がレース場。
旗に「SA」とありますが、この建物の2階が「S席」その下が、A席というわけです。

かあちゃん達は、今回は「A席」にしたのでした。


右手は、食べ物屋さんと、グッズとかのお土産やさんが、並んでいます。
ささ、4時半までに、バスに戻らなくてはなりません。

f0070802_22213618.jpg駐車場の近くのビレッジで、ちょっと道草。

富士SWの名物は?
「こんにゃく玉」なんだってさぁ。

ねえちゃんが、これは食べなくっちゃ!なんて、騒いでいたけど、コンニャクだよ。

コンニャクと言えば、群馬の下仁田名産じゃないのさぁ!

「葱とコンニャク、下仁田めいさ~~ん♪」←上毛カルタの「ね」
富士になんか負けてないよ、こちとら、田舎者だぞ!

そいでも、一応食べておきました、話の種に、いや、話のネタに。
お腹がいっぱいになったところで、F1の旅、第一日目の日程は無事終了です。

f0070802_22292227.jpg


 バスもスムーズに走り・・・。
 宿に着いたのは6時頃だった。
 
 暮れかかった空の下に富士山が。


この夕暮れにみた富士山が、今回の旅で目にした最後の姿になるとは・・・・・。ねぇ

                                    一日目 終わり
[PR]
by kkarakkaze | 2007-10-04 22:52 | おでかけ

かあちゃん富士へいく!28日(1)

西の空に、まだこんなお月様をみながら、富士F1日本GPの旅は始まりました。
「あらま、だ~れもいないけど?ここの駐車場でいいんだよね???」

埼玉県岩槻市、ここまでは、かあちゃん達にとっては初めての道。
5時45分集合に遅れてはならじと、2時半には自宅をでたのですもの・・・・早すぎた・・・。

f0070802_22284634.jpgこんな写真を撮ったりなんだりしているうち、チラホラ車のライトが見えてきた。
間違いなかったね、と、ホッとしているところへバス到着。

車酔いし易いかあちゃんの希望で、バスの一番前の席が、この旅の間の定位置となりました。

出発~!
空が朝色になるころ、もう一箇所、川越で待つ残りのツアー客を迎えに行きつつ、八王子から
中央高速へはいって富士へとバスは走る。


「お疲れ様でしたっ、談合坂サービスエリアでございますっ、えっ、ここでぇ、少々お時間をとり
ご休憩いただき、この後一路、富士スピードウェイまでぇまいりますぅっ~。」

突然、添乗員が振り向いて車内アナウンスを始めた。(一番前にいるので、接近戦である)
 (注) 前長野知事田中康夫氏にそーっくりな添乗員さんに喜ぶべきか悲しむべきか微妙

ウトウトしていた我等、おおぉぉーーと、飛び起き車窓にデコをくっつけて外を見やる。

山、山、山だわ!!わぁ~~~、山だぁ~~!
あぁ、群馬の山とは違うわ~、やっぱし山梨の山だわねぇ~。←意味不明

ささ、トイレも済ませ、スッキリハッキリ、浮かれ乗客を乗せ、思いのほか早く、バスはやがて
中央高速から東富士五湖道路へと入っていきました。
今夜の宿となる、河口湖あたりをすぎると・・・・。

f0070802_22551972.jpg見えてきました!見えてきましたよお~!
これぞ日本一の山♪

「ホラ!!ねえちゃん富士山だよ!お富士さん!」と、隣を揺り起こすかあちゃん。

「ええっーー?!うっそぉ~、だって雪がないじゃない~。」

「・・・・・・・・(コノ!バカムスメメ!)。」


お姉さん、なにいっちゃってんですか、しっかりしてくださいよ。
お馬鹿な会話ですっかり目を醒ました頃、いよいよバスは目的地を目の前にしておりました。

須走ICをおりて数分、夢にみた富士スピードウェイに到着したのは9時30分のこと、
2時30分に家をでてから、7時間がたっておりました。
いや、1時間以上は、かあちゃん達の予備の時間でしたけれどね。

ヤッホー!われわれは、ついに、ここ富士の地へ降り立ちました~~!!
広いよ、富士は~。

で?姉ちゃん、本日のわしらの予定は?
各チームのブース巡り、イベントに参加!諸々探検しながら買い物。
そーなんですよ、買い物がメインなんですよ、一日目は。
もちろん、その合間にフリー走行はチェックですがね。←これがメインだろうがっ!

f0070802_23520100.jpg
みましたよ、フェラーリ、ねえちゃん、しっかりグッズも買い込んでいます。
「まずは!フェラーリーのシャツと上着かうのよっ♪」フンフンと鼻息も荒い。

この日の為にと貯めこんだお小遣いだものと、姉ちゃんの各ブースを回る足どりは軽い軽い。

f0070802_2312028.jpg


かあちゃんの、実用的買い物を披露。

チケットケースに、耳栓。(黄色いの)

これぞ主婦の買い物である。


かちゃんも、少しおみやげ物を今日のうちに買っておこう。
明日明後日は、本番ですから、こんなにのんびりしていられませんから。

と、見回しましたが、ちょっと小物が少ないです。
この後、暑くなって音を上げたかあちゃん、もうそろそろレース場へ入ろうと声をかける。
だって、日陰もないし、嫌になっちゃったんだもの。

レース場の方にも、ビレッジがあるから、そこでまたブース巡りができるからね。

f0070802_2319381.jpg

ここ左側は、レース場入り口、右側には、食べ物屋さんと、グッズのお店がずらりです。

まだ午前中、人通りはさほどでありません。
お昼ごはんを、今のうちに買っておきましょうよ~~~、ねえちゃん。


すっかり応援グッズに着替えた姉ちゃんに声をかけ、ふたり分の食料を買い込み、
いざ、レース場に向かおうでわないかっ!

ええ、これからいよいよ、フリー走行観戦なんですが・・・・この次に。

    <ダラダラと、読みづらいものになっちゃうかもしれませんが、おゆるしを、、、>
[PR]
by kkarakkaze | 2007-10-03 23:28 | おでかけ

車をとばして

11月3日文化の日....。

暫くぶりに、姉ちゃんとランチをしようと計画を立てていました。

午前中ダッシュで家事をすませ、車をとばす。

f0070802_207793.jpg

赤城山のふもとにある、手作りハンバーグの店。

前々から、行ってみようと話していたお店です。

一年ぶりに実現しました。


f0070802_2011216.jpg
おされなお店です。

まずは、飲み物とサラダです。

ねえちゃんは、前世アオムシさんと言われるほど、葉物好き、「さぁ、召し上がれ。」


そして、お目当てのハンバーグは。

f0070802_2013326.jpg
粒胡椒ソースはかあちゃん、ねえちゃんはマスタードクリーム。

向こうにあるのは、シナモントースト。

シナモンのかおりに包まれて、おいしい幸せな時間です。


さあ、お腹はいっぱい、買い物して帰ろうと外へ出てみると空がはれて、赤城山がみえる。

どう?ひとっ走りして、登ってこようか?だね、と、即決。

車を町へでなく、山頂へと向け出発。

f0070802_20235110.jpg

まっすぐ前にみえるのは、黒檜山、西日が当たっている。

もうすぐ日没。

急がないと。


大沼は、もう日陰になっていて、とおく湖畔に見える赤城神社はうっすらと。

f0070802_20461619.jpgこんな時間にも、まだ人がいました。

そうですよね、紅葉の時期ですから人も出ているわけです。

湖畔まわりは、もう紅葉はありません。

もう、裾野へおりているのですから・・・・。


山をおりながら、中腹あたりの紅葉を車をとめて写してきました。

赤や
f0070802_20324956.jpg



黄色の
f0070802_20333397.jpg


鮮やかな木々をくぐって、山をおりました。

裾野をめぐり、家へ向かう車の中、

「去年は、この道を、かんなを抱いて帰ったんだよね・・・。」と、ねえちゃん。

そうだね、その時に食べ損なったハンバーグ、一年後に食べ、紅葉も見てきました♪
[PR]
by kkarakkaze | 2006-11-05 20:48 | おでかけ

一緒に歩いて

娘をつれて、京都、大阪へ。

鈴鹿での3日間を終えて、姉の待つ京都へと、名古屋を後にした。

ここで彼是書こうとすると、やはり手が止まってしまう。

思いがあまりに多すぎて、言葉に変わってくれない。

大阪の駅で別れてから、瞬く間にもう二週間、纏まらない気持ちはそのままにおいて、

三人で歩いた思い出だけでも残しておきましょう。
f0070802_22505689.jpg
まずは、お昼におうどんをいただいた後、祇園を歩いて・・・。

昼間でしたから、御茶屋さんもさっぱりみえますね。

お姉さん、ここでお昼ご飯食べられるの?なんて言ってましたけど、断られるでしょう。

なんせ、おばちゃん2+田舎娘っこ1じゃぁね。

ここは通り抜けるだけ、路地をまわって八坂神社へ向かいました。

f0070802_22551562.jpg無数の提灯。

結婚式がとり行われていました。

10月9日、快晴なり、よき日おめでとうございます。

さて、女三人、人混みをわけて横参道をと下って、八坂の塔正面にみて

また路地に入る。

時々、可愛い舞妓さんをみかけるが、これは観光客に違いない。

歩き方がね、おばちゃんの目はごまかされませんわよ。

f0070802_2314623.jpg二年坂をのぼっていく、姉様と娘。

なにやらおしゃべりをしながら、、、、足元おきをつけて。

道の両傍に、土産物やがならぶ、ここは、三年坂。

いよいよ、清水寺は、もうすぐ。

お寺で、お賽銭あげました?はい、ちゃんと。

娘は、友達にと縁結びのお守りを買ってくると走って行きました。

かあちゃんとしては、自分のを買った方がいいんじゃない、と言いたかったけど、やめました。

よく歩きましたので、一休みすることにして、甘味処へ。
f0070802_2393998.jpg
京都ですもの、これにしました。

ほろ苦く冷たいお抹茶。

程よい甘さの和菓子、、、、、あぁ、京都。

って、これは娘のです。

わたし?こってり甘い、クリームあんみつを所望して、ペロリいただきました。

ごちそうさまでした。

清水の舞台へ立った時、もう日は西へ落ちていて、みおろす街並みは淡く、薄白く広がっていました。

私の姉と、娘、ならんで見下ろす京の町。

また、いつか、このような時間がもてるでしょうか。
f0070802_23174265.jpg
心して、また時間をつくりましょう。

今宵三人で、語り明かし明日は大阪。

姉の大事な家族、私の甥の待つ大阪へ。

彼の用意してくれたホテルでの夜は、十分に楽しませてもらいました。

あの、ほっそり華奢な子が、どっしりと頼りになるおっさんになっていました。

めでたし、めでたし。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-10-23 23:23 | おでかけ

鈴鹿決勝日の風はどこへ

レースアナウンサーの声は聞き取れないが、ピットの横のランプが見える。
GOー!赤が消えると、いっせいに飛び出すマシーン。

赤!赤!白!青!きれいだ。
目の前をマシーンがゆくのを、なんだか夢のようだと思いつつ見ている。

何周目か、もう青のルノー、アロンソは3番手に上がってきている。
「あれ?トゥルーリが来ない!」←ねえちゃんは応援してる。
どうしたんだろうねぇ・・・。
あぁ、もうピットインらしいよ、なんだなんだ?なんかトラブルあったのか?(註1)

f0070802_2154793.jpg
これは、マクラーレンのライコネンを待ってシャッターおしたのに、左の隅っこ。
お尻が写ってるのがライコネン。
真ん中、ザウバーチームのクビサ選手ですよー!で、後ろはもう一台のマクラーレンだ。

まあ、シャッター押したってこのにゃん子カメラですから、写ってるのが奇跡ですわ。

と、目の前すごい!アロンソが今、フェラーリ、マッサのマシーンを第一コーナーのところ
内側から抜いていきましたよっ!!
「すごい!みた?みた?みた?!」
興奮気味に隣のねえちゃんに言うと、「シィー!」と叱られる。
かあちゃんの左となりのお兄さんが、全身フェラーリグッズのいでたちで応援していたらしい。

あっ、そう、すいません。

目の前を、赤、青、赤と(いつのまにかTOYOTAのマシーンが来ない)、規則正しく
ビュゥーン ビューーーーンと、走りぬけていた。
目が慣れてくると、もうそろそろ先頭がくるとわかるのです。

急にあたりが騒がしい、アナウンサーが声を張り上げている。
何かがおきたらしいのがわかる、右前のオーロラビジョンに目をうつしてみる。
画面が真っ赤にみえている、何かが起きたらしい。
その時、目の前をビュゥーーーンと青のマシーン。

えっ?赤は?シューマッハは?
後続のマシーンがビュンビュンで、なにが起きたかわからないのだが、シューマッハに
アクシデントが起きて、レース離脱だけは分かった。

全身から力が抜けるような気持ちでした。
もちろん、アロンソの走りは綺麗で、勝って欲しいなぁとおもっていましたが・・・。

f0070802_21292492.jpg一台になった、フェラーリ。

若いマッサ、ポールポジションも彼がとりました。

世代交代の寂しさをすこし・・・。

そうだ、TOYOTAはどうした。
アロンソに続きマッサが行った、また青ルノーのフィジケラ(虫みたいな名前ですぐ覚えた)が
つづき、、、、あらら、ホンダさんが先にいっちゃいました。
おねえちゃんが大好きなトゥルーリ選手、残念だったけど、次に頑張ってもらおう。

f0070802_21363936.jpg第一コーナーの方から、カメラマンのおじさんがてくてくと。

そろそろレースものこり2周。
アロンソ、ルノーの優勝です。
4位にホンダさん、
ぬゎ~~んと、ライコネンさん、5位入賞です!!!!!
スタートが第二グループ(11番手)だったんですよっ!やはしねぇ、すごいねぇ。
トヨタさんは、6位7位入賞でした。
スーパーアグリチーム、佐藤琢磨選手、山本左近選手揃って完走。←初めてみたわ。
f0070802_20422654.jpg
コースの上のマシーンの音は消えました。
応援の人が肩をおとしています。(註2)

でも、勝負ってこんなものですよね。
怪我人もでず、こんな大勢の人たちが歓喜して同じ時間をすごしました。
何も考えず、マシーンを追いました。

そのスピードの向こうに、なにを見ていたのか、夢か死か。
この3日間、私は夢を・・・。
ここ鈴鹿でのF1レースはこれで終わりました。

さっ、次は今年の最終戦ブラジルGPをテレビでみましょう。
ここで聞いた音を耳に残したままで。

(註1)早いピットインにアクシデントか!と思っていたけど、家に帰ってビデオをみたら
    まあまあ普通の周回ピットでした。
    見ている方が興奮状態でしたので、ものすごく早く感じたのでした。

(註2)どうやら、TOYOTAの関係者とおもわれる。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-10-17 21:56 | おでかけ

鈴鹿3日目決勝日

いよいよ決勝日、風はあるものの昨日ほどの強風ではありません。
今日は混雑を避けて、バスでの往復を予約しておきました。
7時過ぎにホテルを出発、鈴鹿についた時には、もう人人人の波。

f0070802_19494837.jpg昨日もでしたが、もうお店で買い物なんてとても無理。
まっすぐに応援席に向かうわけでしたが、またですよ、ねえちゃんが袖ひっぱります。
今日はもういいじゃん、はやく行こうよ混んじゃって大変だもの。
って、言ってると、トコトコとバイクが。
「あーーっ、ニコ・ロズベルグだぁ~~~~!」と、ねえちゃん。
よかったね、みられてさ、、、、さぁいくべえ。
後ろから絶え間なく行列がつづく、ホンダの応援団のようだ、大阪から北海道からと、すごいねえ。

さて、ねえちゃんを促して行列に付いて、ゲートにむかう。
両脇にこの最後の日になっても、「余ったチケット買います」のダフ屋さんがいっぱい。
3日目となると、顔をおぼえちゃうね。

しっかりトイレも(長蛇の列)すませ、食料はリュックにたっぷり詰め込みイザ!観戦。

f0070802_20134658.jpgまず、わくわくしながら、レース前のドライバーズパレードを見る。

ここ鈴鹿だからかな。
日本人ドライバーからパレードは始まった。

スーパーアグリチーム 
  「佐藤琢磨選手!!」

ここTOYOTA応援席からも、ひときわ大きな拍手。
がんばって、完走してくださいぃ~!

次から次へ、ドライバー紹介とともにパレードは進みます。
パチパチ写した写真で、ひときわ目立つ一枚。
f0070802_20195672.jpg
シューマッハだと、すぐに分かります、いや、赤いからじゃなくて、雰囲気で。

レースの始まりを待って、応援席も盛り上がってきます。

f0070802_20374817.jpg
先ほどから後ろの方で(一番前にいた)、TOYOTAの人の音頭で拍手の練習。

応援に力が入ります。
今回、スタートポジション3番、4番をとっている、表彰台も夢じゃないと燃えています。
頭の上、応援幕ゆらゆらです。

「みなさ~~ん、がんばっていきましょう~~♪」
「トゥルーリ選手のお面かぶってくださいっ!」←無理だっちゅうのさ、おことわりだわ。
おにいちゃんの声は、もうキレギレです。
だって、もうコースの上のマシーンは爆音させて待機ですもの、声なんか・・・。
あ、かあちゃんも耳栓するの忘れてた、ま、いいか、ドキドキ。つづく。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-10-17 20:44 | おでかけ