鈴鹿二日目は晴れ

二日目の朝、ねえちゃんに起こされる。
太陽が西から上がる程の、めづらしい出来事である。
ホテルの朝食は、6時30分からだが、それより早く出ようと言う。これもまたおったまげ!

ハイ、あなたのリードで、わたしはあるく・・・。
どうするどうする、メシは??メシどうするの?
「コンビニで買えばいいでしょ!リュックにはカロリーメイトがいっぱいはいってるし・・。」
だってさ。

カロリーメイト?かあちゃんはまだ、そんなのを主食にしたことはございません。
おむすび買いまひょ、おむすびを!

リュックをおむすびと諸々のお菓子で満杯にして、いざ、鈴鹿へ。
二日目となると、切符の買い方や、バスの順番待ちも慣れたものになる.......がっ!
電車、バス待ちの人の数は、昨日大勢と書きましたが、訂正です。
今日のが大勢というのでしょう。
駅前、人だらけ・・・、田舎モンおめめが点になりました。

しかーーし、この多さは序の口でした。
鈴鹿にバスが到着してみて、あぁ・・・人が多いって、こういうのを言うんだと、また訂正。

さぁ、人ごみ掻き分けて、行こう!ゲートへ。
「あっ、ちょっと待って!!」と、リュックを引っ張るねえちゃん。
どないしたん?

かあちゃんの質問は無視、彼女はより人ごみの中へはいっていくではありませんか。
暫くひっぱられて、道路の端っこに陣取るねえちゃん。

この先は?なにか?
日差しはだんだん強くなり、風もつよい。
延々と時間はたつ、せっかく早くでてきたのに、こんなところで時間を潰してる場合か!
その時、先の方で歓声が、


キャァーー!(と悲鳴が)
ワァーーワァー!

人が飛び出す。
「キャァー!シューマッハだ!」

聞き逃しません、かあちゃんの耳は。
カメラ構えました。パチリ。

f0070802_2385347.jpgさすが大物、窓開けて手を振りながら、ゆっくりと走ってくれるではないか。
その前にも、何人かいたが、すみませんみんな同じ顔にみえて・・・。

知っていましたか?これが世に言う、出待ちってやつだったんですよ。
これをやりたくて、ねえちゃんはこんなに早くでてきたのか!?本人は否定しているが。アヤシイ

出待ちセレモニィーがようやく終わり、やっとこさでゲートをくぐったところでトイレを探す。
昨日、ちゃんとチェックしておきましたから、スムーズです。が、着きません。

長い長いなが~~い列が、、、、よかった、忙しくなくてさ。
「トイレには、ゆとりをもっていこう!」がスローガンの観戦です。

さあ、すっきりしてから人の海へ繰り出す二人。
午前中のテスト試走をまず見ましょう、その前に耳栓を買っておこう。
フェラーリの店、すんごいお値段、涙こらえて隣のホンダで手を打とう。(スイマセン、ホンダサン)

f0070802_16132399.jpg
後ろにみえているのは、マンションじゃありません。
例の、VIP席の建物です。
その後ろをとおって、わしらは観戦席へと向かうのです。

頭のうしろに「8」の字、トゥルーリ(TOYOTA)のキャップを被ったねえちゃん。

「燃えてるねっ!!」・・・・・・・・って、長くなっちゃったからつづく。
[PR]
by kkarakkaze | 2006-10-14 16:18 | おでかけ
<< 鈴鹿二日目つづき 鈴鹿一日目の続編 >>